ラン&ライド番組放送案内
2017.10.22 ON AIR

#63 特集 ハパルアーチェイス“第1回〜4回大会を振返って”

放送日程

#63 #63 特集 ハパルアーチェイス“第1回〜4回大会を振返って”

本放送
10月22日(日) 17:0018:00
再放送
10月29日(日)25:00〜26:00

#63-012537;202012年3月11日に開催された「ホノルルハーフマラソン ハパルア2012」では一般参加ランナーのハーフマラソンの他に、選抜されたローカルエリート選手とケニアからの招待選手で争われた“チェイス”というレースが展開されました。今回はハパルアの第1回大会〜4回大会までのチェイスを振返りながらゲーム性の高いエンタテインメントレースをたっぷりお届けします。

ハパルアのもうひとつの顔

#63- 012424;17
ハワイで活躍する男女20人程のランナーは、それぞれの持ちタイム(ベストタイム)をもとにグループ分けされ、6時のスタートを前に順にスタートして行きます。最後にスタートするのはもちろん招待選手。その顔ぶれは毎年豪華で、JALホノルルマラソンで何度も優勝経験のあるジミー・ムィンディーや、当時のマラソン世界記録保持者パトリック・マカウ、その他オリンピックメダリストなど、数々の有名選手達が参加しました。しかしそんなスター選手をしても、チェイスで勝つ事はとても難しい事でした。それもそのはず、一番最初にスタートする選手とのタイムハンデは約18分、招致選手がスタートする頃には既に5km以上も先にいて、そこから逆転しなければならないのです。選手達は様々な作戦をもって、トップフィニッシュを目指します。世界のスターランナーが見せる、異次元のスピードと、そのプレッシャーから逃げるローカル選手の熱い戦い。そんなチェイスもハパルアのもう一つの顔です。

なんといってもこのコースが最高!

#63- 013641;13
2012年春に産声を上げた「ホノルルハーフマラソン ハパルア」初めは数百人だった参加者数も、今では6千人を超えるまでに増え、知名度も確実に上がってきました。このマラソンの人気の理由は、何と言ってもそのコースです。カメハメハ大王像やアラモアナ、ワイキキビーチさらにはダイヤモンドヘッドなど、誰もが知っているワイキキの有名な場所を、まるで観光してるかのように走りながら楽しむ事ができます。今回の放送ではハパルアの成長を振り返ると共に、大会の魅力を改めてお伝えします。

今年は勝ちにこだわります!

#63- 015318;16
2015年、今回4回目を迎えたホノルルハーフマラソン・ハパルア。ワイキキの観光名所を満喫できる贅沢なコースが人気を呼び、参加者の人数も大幅に増え今年は6400人を越えるまでに大きな大会になりました。そして「ザ・チェイス」は、毎年アフリカからマラソンの世界トップ選手を招待し、ハワイのローカルランナーとスタート時間をずらしたタイムハンデを設定し、誰が最初にゴールするかを競わせる世界レベルの「追いかけっこ」です。過去3回の結果は、アフリカ勢があと一歩及ばず、ハワイの選手の優勝が続いています。世界を代表するランナーとして、もう負けるわけにはいかないアフリカの選手達。これまでの敗戦を踏まえ今年は勝ちにこだわります。